HOME >  CSR >  健康経営

健康経営

人生100年時代を迎え、人生をより豊かなものにするために健康でいることはとても大切であるとの考えから、アヤハグループでは、社員の健康をサポートするために、またアヤハの「健康経営」活動が地域の皆様にも拡がることを目指して、「健康宣言」のもと「健康な未来へ ~元気をアヤハから~」をスローガンに、様々な施策に取り組み、健康経営を推進していきます。

健康宣言

アヤハグループは、社員一人ひとりが心身ともに健康であることが、企業理念「企業生活を通じて、社会とともに歩む。」を実現するために最も重要な基盤であると考え、全ての社員が活き活きと活躍できる職場環境を実現するとともに、社員が自らの健康維持・増進に努めることを積極的に支援します。

綾羽株式会社
取締役社長 河本 英典

健康経営推進体制

「健康経営」の推進組織として、経営トップを委員長に「健康経営委員会」を組織します。

現在の健康経営の主な取り組み

健康管理の促進

  1. 35歳以上の社員は、毎年の定期健康診断に代えて、契約医療機関の人間ドックを受診しています。一般検査以外に、胃がん・肺がん・大腸がん・肝がん及び女性には乳がんの検査を必須項目とし、各種がんの早期発見に努めています。
  2. 産業医による定期健康診断(人間ドック)後の事後措置を行い、健康診断結果判定基準に基づき、受診勧奨や就業制限等を適切に行っています。
  3. 綾羽健康保険組合が実施する特定保健指導について、就業時間内の実施を認め、ITを活用したプログラム等も導入し、受診率向上に努めています。
  4. 健康推進室を設置し、健康に関する問い合わせ窓口としての対応を行っています。また、産業医と共に事業所の巡視を行い、安全・衛生について確認指導を行っています。

健康維持・増進

  1. アヤハグループでは、毎年1回全事業所の社員を対象に「オータムフェスタ」と題したスポーツ大会を実施しています。当日は、一画に健康ブースを設置し、体組成測定・血管年齢測定・運動機能測定・理学療法士による相談等を行い、参加者の健康意識向上を図っています。
  2. 綾羽健康保険組合が主体となり、毎年健康ウォーキングイベントを実施しています。参加者が歩くことでダイエットや生活習慣病の予防・改善などの健康管理につながる事を理解し、歩くことを習慣にします。
  3. 医療機関が実施する、生活習慣病改善プロジェクト「琵琶湖心身健康道場」に参加しています。期間中は毎日1食の玄米採食を続け、年内4回実施する体組成と心血管リスク因子の評価、生活指導と食事指導、歯科検診・オーラルブラッシング指導及び運動指導等に参加し、減量に努めながら生活習慣病予防を推進しています。
  4. 全社員を対象に、産業医を中心とした社内産業保健スタッフによるストレスチェックを実施し、面接指導の希望者には産業医による面接指導を実施しています。
  5. 本社及び各事業所拠点にはAEDを設置し、社員のみならず、お客様や近隣住民の方々など、会社の近くで心肺蘇生が必要となった際、救命処置が行えるように講習を行っています。

オータムフェスタと測定ブース

健康ウォーキングイベント

健康的に働きやすい環境づくり

  1. 勤怠管理システム導入により、毎月の残業時間の推移を可視化することで、労働時間管理の徹底を行っています。また有給休暇の取得促進やノー残業デーを実施するなどの過重労働の対策を行い、生産性の向上を図っています。
  2. アヤハグループでは、法令に従い受動喫煙ゼロを目標に、「アヤハグループ受動喫煙防止対策ガイドライン」を作成し、各事業所はこのガイドラインに準じて対策を行っています。また、喫煙率を減らすために、喫煙者には禁煙外来等の推進プログラムを実施し、喫煙による健康への悪影響を理解して禁煙出来るように、取り組んでいます。

これからの健康経営の主な取り組み

  1. スマートフォンを使った健康管理アプリを導入して、各自が自発的に健康増進や生活習慣の見直しを行い、モチベーションや健康リテラシー向上を図ります。
  2. 産業保健師を選任し、弊社独自の保健指導を実施して、重篤化防止を図ります。
  3. 健康診断結果に基づいた数値目標を設定し、PDCAサイクルを回すことで、社員の健康度向上を図ります。

CSR

ページトップ