AYAHA GROUP 企業生活を通じて、社会とともに歩む。
Google
企業メッセージ綾羽株式会社グループ会社環境・社会貢献活動採用情報お問い合わせサイトマップホーム
AYAHA Community
かつらぎ温泉 八風の湯 和歌山にオープン! アヤハグループ情報目次へ
2013年4月24日(水)、和歌山県に「かつらぎ温泉 八風の湯」がオープンしました。
アヤハグループにおいては、和歌山県下への初進出となります。
今回は「かつらぎ温泉 八風の湯」の魅力について、ご自身も温泉巡りを趣味とされている副店長の丸賀悦子さんにお話を伺いました。


〒649-7174 和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702
TEL : 0736-23-1126/FAX : 0736-23-3326
営業時間:全日/10:00〜22:00(最終受付21:00)
定休日:年中無休(※メンテナンス休業あり)
http://www.happuno-yu.com/katsuragi/ 


 


ずいぶんと建物に年期を感じますが、古くからの建物を改装されたのでしょうか。
photo
▲副店長の丸賀悦子さん

そうなんです。元々は100年ほど前にできた造り酒屋で、建物としても古い歴史があります。 梁や天井の高さからその様子が伺えますし、入口の門構えからも、 その歴史ある重厚な雰囲気を感じ取ってもらえると思います。大浴場の梁や柱なども、 100年ほど前のものをそのまま利用しています。

かつらぎ温泉の泉質や効能にはどのような特徴がありますか。

 実は、当浴場の泉質は関西圏では有馬温泉に続いて2番目に濃度が高い「高張泉」なんです。 それだけに高い効能が期待されており、入浴だけを目的にわざわざお越しになるお客様もいらっしゃるほどです。
 こちらには5つの源泉があり、浴場にはそのうち4つの源泉を利用しています。 いずれも神経痛や関節痛、冷え性、疲労回復、慢性皮膚病などに効果があります。 特におすすめなのが第4源泉と第5源泉を使用した大浴槽と、第4源泉を使用した水風呂です。
 この第4源泉は美肌効果も期待され、特に女性に人気です。浸かっていると、 次第にぷくぷくと身体の周りに気泡がついてくるのがわかります。
 第5源泉は約230万年前の化石海水が元になっていると言われ、 5つの源泉の中でも最も浸透圧が高く、より高い効果が期待されます。2つの源泉を混合しているため、 非常に肌当たりが良くやさしい泉質で、いつまでも浸かっていられる心地良さがあります。
 浴場以外にも、庭に第5源泉だけを使用した「足湯」があります。泉質が濃く、 時間が経つと成分が沈殿していくのがわかります。「足を浸けていると肌が白くなる」 という効果を実感されるお客様が多く、好評をいただいています。

八風の湯には主にどのようなお客様がお越しですか。

 付近には世界遺産である紀伊山地の霊場と参詣道などの観光スポットが多くあるため、 神戸や奈良、大阪からちょっとした小旅行に来られ、当浴場に立ち寄られることがほとんどです。 あとは前述したとおり、入浴を目的にわざわざご来店くださるお客様もいらっしゃいます。
 世界遺産の中でも有名な「高野山」へは、ここから車で40分程度で行くことができます。 観光帰りに立ち寄られるお客様の他、夜になると高野山のお坊さんが入浴に下山されることもあります。

お客様への接客において、大事にされていることは何ですか。

 「お客様に特別感を味わってもらうこと」を意識して、 お客様一人ひとりに応じた「おもてなし」をすることを意識しています。そのための一番身近な行動として、 お客様への声掛けを徹底しています。
 「今日はどちらからお越しですか」「お湯加減はどうでしたか」などお声を掛けることは、 「おもてなし」の心を伝えるだけでなく、お客様のご意見を聞くよい機会にもなっています。

これからの課題を教えてください。
photo
▲紀州の名物や特産品を取り揃えたみやげ処
 今後も、もっと多くの方に「かつらぎ温泉八風の湯」を知ってもらうために、 広報に注力していきます。和歌山に来たら「高野山」そして「八風の湯」と、 一連の観光スポットとして認識していただけたら嬉しいですね。
 また、当店では地域の食材を生かした食事も魅力の一つです。 宴会でご利用いただく機会をもっと増やしていきたいと思います。


(2013年5月取材)
※このコーナーの情報は取材時点での内容となります。あらかじめご了承ください。
ページのトップへ
アヤハグループ情報目次へ
プライバシー・ポリシー | ご利用条件
Copyright(C) 2003 AYAHA Corporation. All Rights Reserved.