AYAHA GROUP 企業生活を通じて、社会とともに歩む。
Google
企業メッセージ綾羽株式会社グループ会社環境・社会貢献活動採用情報お問い合わせサイトマップホーム
AYAHA Community
介護予防フィットネス アヤハデイサービス アヤハグループ情報目次へ
今回は2011年7月に近江八幡市内でサービスを開始した「介護予防フィットネス アヤハデイサービス」を紹介します。
インタビューには経営企画部の生駒弘信さん、アヤハ不動産の奥村栄毅さん、介護事業の上馬充資さんにご協力いただきました。

左:経営企画部の生駒さん
中:アヤハ不動産の奥村さん
右:介護事業の上馬さん
まずは、開設に至った経緯を教えてください。
photo
▲様々な相談をお受けするコンシェルジュ

生駒 介護保険施行年の翌年(平成13年)に在宅介護サービス事業を開始しました。 当初は「居宅介護支援」と「訪問介護」を開設し、現在では「福祉用具販売及びレンタルサービス」 と「シニア向け住宅改修サービス」を展開しています。
在宅サービスを通して利用者の実態を見ると、独居または高齢者のみの世帯割合が非常に多く、 今後も高齢化率と比例して増加していくことが想定されます。 また、平成17年には軽度介護認定者(要支援、要介護1)の増加率が平成12年から230%を越えました。 このような状況の中、一つは安心で安全な住宅の供給、そして、加速する軽度の要介護者数を抑制する 「介護予防」の取り組みが必要となりました。 これまでの在宅サービスだけでは、これらの利用者ニーズに応えることが難しいので、 新たなサービスを展開することを検討しました。検討する際はデータだけにとらわれず実態をつかむために、 100社を超える事業所に足を運びベンチマーキングを行いました。 その中で不動産業界の詳しい動向を知る必要もありアヤハ不動産の奥村さんにも相談をしました。

奥村 生駒さんから相談を受けたのは今から3年ほど前のことです。 当時不動産業界においては高齢者の単身・夫婦世帯の急激な増加に伴い、 今後の高齢者向け住宅のあり方を模索している状況でした。 現在も高齢者の8割以上は持家世帯ですが、 その半数以上が単身もしくは夫婦だけで生活をしています。 日常生活に不便さを感じるだけでなく、 家の修繕等にも手間が掛かっているのが現状です。 その結果、持家を手放し賃貸物件や分譲タイプの集合住宅に転居を希望される方が多くおられました。 しかし一般の集合住宅ではやはり安心して暮らすことが難しく、 様々なシニア向けサービスが付随していることが必要でした。

生駒 日本は欧米に比べて、介護・医療と連携したサービスを提供する住宅供給が遅れていると言われてます。 政府はこのようなサービス付高齢者住宅を今後10年間で60万戸整備することを発表しました。 滋賀県内においてもサービス付高齢者住宅は年々ニーズが高まっています。
高齢者の方々が求めておられるのは、安心できる住まいの確保と共に、 ご自身に必要なサービスを選んで利用できる環境です。 今回、近江八幡市にシニア向けマンションの建設があり、 そこにシニア向けのサービスを導入したいとの話がありました。そこで、 提案したのは、生活面で様々な相談をお受けするコンシェルジュの配置や、 24時間対応の緊急通報システムの導入、 そして要支援・軽度介護認定の方を対象とした予防フィットネスの導入です。 どのサービスも住居としての安全性を重視するだけでなく、 楽しく生活をしていただきたいという思いを大切にしました。 今回の取り組みは、介護事業とアヤハ不動産の連携により実現することができました。

今後の目標を教えてください。
photo
▲体のバランスを見る体組成分析を導入

奥村 高齢者向けマンションの需要は今後もさらに高まると予想され、 土地所有者や開発事業者からのご相談も多くいただくようになりました。 今回のマンションを先行事例として、今後も介護事業と連携をとりながら、 サービス付高齢者住宅を提供していきたいと思います。 またアヤハ不動産のこれまでのマンション管理等のノウハウをいかし、 アヤハ不動産としてのサービス提供も実現できればと考えています。

生駒 今後は安心、安全で快適な暮らしを提供できるサービス付高齢者住宅の管理・ 運営事業の拡大と介護予防を重視したフィットネスサービスを横展開していきたいと考えています。 また、マンション入居者に向けた新たなサービスをアヤハグループ内の各事業と連携をとりながら提供していきたいとも考えています。 レストラン事業によるシニア向け配食サービスの検討や、日用品等通販サービスの展開がその例です。

次に、介護予防の観点から提供されているサービス内容をお聞きしたいと思います。
photo
▲個別筋力向上マシントレーニング
上馬 アヤハデイサービスでは、軽度介護者を対象に「介護予防」と「機能訓練」を目的に1日に2部制 (午前、午後)で「個別筋力向上マシントレーニング」「バランス向上・ストレッチ体操」 「集団レクリエーション」を行っています。利用者様にはインストラクターが付き添い、 マシンやバランスボール、マットを使ったトレーニングを行っています。 また、筋肉量や脂肪量を目安に体のバランスを見る体組成分析を導入しており、 改善されていく様子を見て分かるようにしています。身体機能の回復や改善の実感があると、 利用者様のモチベーション維持にも繋がります。体を鍛えるだけでなく、 楽しみながら長く続けてもらえることを重視しています。

まるでフィットネスクラブのようですね。
photo
▲集団レクリエーション
上馬 はい。軽度の要介護者向けの気軽に行けるフィットネスクラブのイメージです。 通うことを楽しく感じて、自分から進んで運動できるようにサポートしています。 また、折り紙や風鈴に絵を描くなど手先を動かすことで脳に刺激を与え、 認知症予防にも効果的なレクリエーションプログラムも実施しています。
まずはこの場所に通うことを「楽しい」と感じていただけることが目標です。



今後の目標を教えてください。
photo
▲スタッフのみなさん
上馬 今回のサービスは要支援・軽度介護認定の方を対象とした、 介護予防・身体機能訓練に重点をおいたプログラムの提供です。 この取り組みを知り、介護認定を受けていない方々からもサービスを受けたいとの声をいただいています。 今後はこのようなご要望にお応えできるような新規サービスプログラムの開発を進めていきたいと考えています。 また、マンション入居者の方々のコミュニティづくりを目標に、カルチャースクールの実施等にも積極的に取り組みたいと考えています。 マンションに入居されている方、地域にお住まいの方、デイサービスに通われる方、 みなさんが笑顔でいられる空間づくりをスタッフ全員で目指していきます。


■お問い合わせ、見学などのご相談
アヤハデイサービス
滋賀県近江八幡市鷹飼町1485-8(101)
TEL 0748-31-1500
担当:上馬(じょうば)

(2012年3月取材)
※このコーナーの情報は取材時点での内容となります。あらかじめご了承ください。
ページのトップへ
アヤハグループ情報目次へ
プライバシー・ポリシー | ご利用条件
Copyright(C) 2003 AYAHA Corporation. All Rights Reserved.