AYAHA GROUP 企業生活を通じて、社会とともに歩む。
Google
企業メッセージ綾羽株式会社グループ会社環境・社会貢献活動採用情報お問い合わせサイトマップホーム
企業メッセージ 「一人ひとりの生活感覚を大切にした活動で、社会とともに歩む」
綾羽工業株式会社 営業部 職場訪問目次へ
綾羽工業株式会社は主力であるタイヤコードをはじめ、ゴム資材、産業資材などを生産している会社です。近年は長年蓄積した織りの技術を新素材に応用し、新しい用途を開発しています。
こちらでは男性9名、女性4名が日々業務に携わっておられます。綾羽工業営業の司令塔である、部長の秋田雅之さんにお話を伺いました。
綾羽工業のホームページヘ
織物製品の受注から、原糸の調達、製造指示、納品まで。
営業部では、国内の各繊維メーカーだけでなく海外約10ヶ国からも原糸を購入し、末端ユーザー(タイヤメーカー、コンベアベルトメーカー、食品ベルトメーカー等)から織物の製品を受注します。そして、ユーザーの要求に応じ、それぞれ特色のある高島、湖北、湖東の各自社工場、並びに協力工場へ生産を指示します。
そして、工場で各繊維メーカーから調達した原糸を使い、糸を撚り、織り、加工し、製品を生産して納入しています。

受注する製品には、従来からのタイヤコードやコンベアベルト、食品ベルトなどの他に、エスカレーターの手すりの芯体部分の「エスカレーターハンドレール」や、車のスピーカー表面の最も重要な部分の「スピーカーダンパー」などがあります。耐熱性、高温での寸法安定性、優れた電気絶縁性を持つ特性が高く評価され、日本国内はもとより世界各国でその性能を発揮しています。
信頼は、ユーザーとの「約束を守る」ことの積み重ねにより築くことができると考えています。
ユーザーと交わす約束には、納期や資料提出、品質、サービスなど、様々なものがあります。その中で特に、資料や回答の期限内提出に努めています。たとえ約束が果たせない場合でも、必ず事前連絡をするよう徹底しています。また、スピードのある営業はユーザーの信頼を高めます。

ユーザーからの要求をできるだけ早く、正確に工場に伝達できるよう、製造との連携を密にしておくことも大切です。そこで、ユーザーや工場との信頼関係を強化する手段として、Eメールを積極的に活用しています。しかし、何よりも一番大切なのは直接ユーザーと会い、または直接工場の現場に行き、コミュニケーションを肌で味わうことなのです。
笑顔での挨拶を心がけ、楽しく働ける職場環境づくりに。
職場では、当然の事ですが「挨拶から始める」ということを心がけています。挨拶不在の職場では、人間関係もギクシャクしたものになり、仕事もうまくいかなくなるものです。毎朝、不機嫌な顔ではなく、笑顔で元気よく挨拶を交わすことにより、職場は明るく活き活きとしてきます。

挨拶をする時には、顔の表情も大切です。いくら口では挨拶の言葉を述べても、表情が険しいと相手に不快感を与えてしまいます。笑顔で挨拶をすることが、コミュニケーションの向上を図り、楽しく働ける職場環境を作る第一歩だと考えています。しかし実際、全員が実行するのは難しいものです。

挨拶という点では、電話応対も大切です。電話は相手の顔が見えない分、声が大切となってきます。応対が悪ければ、その電話1本で取引きが壊れてしまう場合もあります。女性社員に限らず、男性社員も気持ちの良い電話応対ができるように、各々が心掛けて実行しています。
ユーザーの要求に合った提案型営業を目指します。
競争環境の厳しい中、ユーザーは提案力のある営業を求めています。今後も「ユーザーの要求に応じた製品やサービスの提案」を行っていく提案型営業の実践を目指しています。

具体的には、積極的・戦略的なユーザー訪問を行い、ユーザーと直接会って話をすることで、悩みや問題点をいち早くつかむ努力をしていきます。また、収集した情報を的確に分析し、ユーザーの要求に合った提案ができるよう、営業の知識と技術にさらなる磨きをかけたいと思っています。

安価な商品が出回っている現状に対しては、他社にはできないオリジナル商品の開発にも力を入れていきます。そして、綾羽工業ではISO9001を取得していることから、さらに商品の品質向上と不良率の低減をはかり、顧客の信頼と営業力を強化していきます。
(2002年5月取材)
※このコーナーの情報は取材時点での内容となります。あらかじめご了承ください。
ページのトップへ
職場訪問目次へ
プライバシー・ポリシー | ご利用条件
Copyright(C) 2003 AYAHA Corporation. All Rights Reserved.